車を売る場所について2014.08.08. // 未分類

車を売りに出すことが決まったら、売却するお店を選ばなければなりません。 売却する買取店にもいくつか種類があり、愛車を少しでも高く売りたいと思う人は、それぞれの特徴をしっかり把握する必要があります。

車を売る店は、大きく分けると車の販売店と買取専門店に分けられます。 先にも述べた通り、車の販売店は買取だけでなく、希望の車があるのならば下取りも行ってもらえます。 買取専門店は、あくまで車を現金で買い取ってもらうお店ですので、下取りは行いません。

新車に買い換える場合に、値引きと合わせて引き取るケース。 下取り額を大きくすることで、新車の購入費用を安くしてくれます。 このため、正確な査定金額が分かりづらいのが難点です。 新車の販売店は、買取のみ行ってくれるというお店は少なく、下取りが基本です

中古車販売店は、買い取った車をすぐに販売できるので、買取も行っているところが多いようです。 以前はメーカー系列の中古車販売店は、他社のメーカーを嫌う傾向にありましたが、最近はどこのメーカーでも同じように受け入れてくれます。

最近、広告やテレビで知られるようになり、人気のあるのが買取専門店です。 基本的には、買い取った車を業者専門の中古車オークションに出品するため、オークションでのニーズによって同じ車種でも金額が変わります。 オークションのニーズを読んで、査定金額を決定するので、売る側の知識がしっかりとあり、上手に店を選べば、高額の査定額で売ることが可能になります。

 

Leave a Reply