審査と勤続年数2014.06.10. // 未分類

キャッシングの申し込みをして審査を受けるときに重要になるのはその人の職業ですが、審査されるのは職業の種類だけではありません。審査される属性には勤続年数という項目があり、これもまた審査の重要ポイントになります。

キャッシングやカードローンのりよう条件には「安定した収入」という項目がありますが、この「安定」という部分を審査するために調査されるのが勤続年数です。勤続年数が短い場合、離職してしまう可能性が高いとして評価は低くなり、勤続年数が長いと今後も長くその職場で働き続けるであろうことが予測できます。よって勤続年数が長ければ長いほど審査では有利に扱われるのです。

勤続年数による区分は主に1年未満、1年以上5年未満、5年以上10年未満、10年以上に分けられています。長ければ長いほど良いのですが、この中で気をつけたいのは1年未満に該当する人です。勤続年数が1年未満の場合、勤務しているとみなされない場合があり、審査で蹴られてしまうことがあります。入社のあと半年以上してからキャッシングは申し込まなければいけないとよく言われますが、あまりに勤務した月数が少ないと無職と同じ扱いになってしまうことがあるのです。

 

キャッシング枠との比較2014.06.01. // 未分類

近年、頻繁に見かけるようになったクレジットカードのキャッシング枠。これは、クレジットカードにキャッシングサービスが付帯したもので、カード1枚持ち歩いているだけで、いつでもキャッシングが可能なため、とても便利です。
しかし、個別の性能を見ていくと、キャッシング枠よりもカードローンの方が優れている点が多いため、少しでもお得に有利にお金を借りたいという方はカードローンの利用がオススメです。
では、どんな点でカードローンが有利なのかと言うと、主に以下の2点です。

1.金利が低い
クレジットカードに付帯されたキャッシング枠は、かなり金利が高いことが大きなデメリットです。多くのキャッシング枠を見ると、金利は18%と定められていますが、カードローンであれば4%程度から17%程度までが一般的です。こうして具体的な数字を挙げると、かなり差があることがわかると思います。

2.返済方法の柔軟性が高い
キャッシング枠の返済は原則として、翌月に一括で払うシステムとなっています。つまり、早い段階で返済資金が用意できたとしても、利息はしっかりと支払日分まで支払わなければならないのです。
一方、カードローンの返済方法は毎月決まった額を返済するリボルビング払い、全額を返済する一括払いなど様々な返済の仕方が可能です。